<< ニート君です | main | 癒しフェア >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
『生きる』
生きたいという気持ちは大切である。

僕はなぜ今生きているのか、なぜ死ななかったのかを考えると
一番苦しかったとき、このまま死ぬと感じたとき、
心の奥底にまだ貼りついていた生きたいという気持ちが命をつないだ。

生きるという灯。
どんなにかすかでもいい。灯しつなぐことは大切だと思う。
きっとそれが生をつなぐことになるし、その思いが強いほど治癒につながっていくことだろう。

僕は生きたいんだ!!
その思いをたくさんたくさん自分にアピールしていきたい。
声を大にして。
悪い部分にもぶつけてやる!!

やや欠け月三日月満月

連休に幾人かの友達と会ったが、以前うつ病だった友達とも会った。
そう。以前だったのだ。
彼女の鬱もそーとーひどかった。
注射器で血を抜いてボトルに溜めて死のうとしてたり
体が全然動かせなくなったり
結局、1年ぐらい入院した。
薬漬けになり電気ショック療法も受けて、記憶を無くしたそうだ。自分の名前さえ忘れてSTOP!

でも、今は仕事もずっと続けられている。
薬もまったく飲まないで大丈夫だそうだ。
感情も心も戻った。
治ったのだYES!

みんな、いつか治ったあかつきには
大声で笑おうではないかo( ̄ ◇ ̄)○
| 日々の出来事 | 04:13 | comments(8) | trackbacks(0)
| - | 04:13 | - | -
COMMENT
こーじさん、おはようございます、友達、すごく大変だったんですね、びっくりしました、そんな中、回復していき、すごいです、うーん?言葉が表せない位!こーじさんや友達の方の生について賛成です!わたしも、自分に、明るく、がんばってのりこえ、生きたい!という気持ちをもって生きたいです、わたしの場合、生と明るくが大切にしていかないと、という気持ちです、すぐ、めげるから、(笑)
| のんちゃん | 2006/07/20 8:16 AM |
うん、笑おう。
必ずそうなるね。
| godloves | 2006/07/20 10:26 PM |
>その思いをたくさんたくさん自分にアピールしていきたい

 死を近く感じた時のほうが、
自分の中に「生きたい」という気持ちが
あることを自覚できるようになるね。
 誰にでもない。自分自身にそれを
訴えかけるというのは大切なんだね。
| RYO | 2006/07/20 11:13 PM |
のんちゃん。人間だからめげちゃうのは当然だよね。
少しずつ少しずつ出来るときに出来ることからはじめたらいいと思う。

godloves.いつも言葉だけでなく行動で助けてくれてることに感謝するよ。僕が笑えるようになることはあなたのおかげでもあります。

RYOちゃん。僕は悲観することが大好きで自分で自分にそれを食い与えてしまうので、生を与えることに決めたのです。
| こーじ | 2006/07/21 1:12 AM |
こーじさんへ
お久し振りです。
私は7月27日〜8月3日までニュージーランドに一人で行ってきます。
鬱病でも海外行けるんですよ^^
それ位の勇気が出たこと、すごい嬉しいです。
何気ない事で死にたいようなことを発するのは
非常に容易いですよね。
でも、根底には生きたい気持ちの裏返しがあって。
それに苦しんでいるんだと思うんです。
私の考えですけど(-_-;)
で、今回の旅行が成功したら
今度はベトナム行ってきます。
最後には夢だったチベットの地に
足をつけたいと思っています。
生きることを目標にしてこーじさんなりの
生き方で歩んでください。
私は私の歩み方で自分の鬱と向き合ってきます。
| あや | 2006/07/23 2:29 AM |
お久しぶりです。
そうですね。皆で大笑いしてやりましょう!
でも前は鬱でも大笑いしていましたね。
| jafo | 2006/07/23 12:50 PM |
こーじのコメントをプレゼントしてくれてありがとう。涙が出てきたよ。
| godloves | 2006/07/24 8:32 PM |
あやちゃん旅行ですか。
いいですね、ニュージーランド。
僕もずっと旅行計画してるのですが、うまく行けるようになるかどうか今動き回っているところです。
癒しと何か少しでも良いきっかけがあるといいですね。

jafoさん、最後には心の底から笑ってやりましょう。

godloves、涙は真珠より美しいものですよ
| こーじ | 2006/07/25 12:11 AM |
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
PROFILE
RECOMMEND
私は「うつ依存症」の女?プロザック・コンプレックス
私は「うつ依存症」の女?プロザック・コンプレックス (JUGEMレビュー »)
エリザベス・ワーツェル, 滝沢 千陽
うつ病者の気持ちを代弁してくれている本。非常に赤裸々に書かれていて、内容もそーそーと言いたくなるから絶対読んだら面白いよ。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM