一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
薄暗い部屋・少年

その子はまだ三歳か四歳ぐらいに思えた。
その顔は、何かをぐっと抱え込んでいるように思える。

狭い部屋の中。
その子とカウンセラーとボクと3人しかいない。

同年代の子は、とても無邪気に遊んでいるはずだ。
でも、その子は苦しそうにじっと何かを我慢している。

『どうしたの?』

そう声をかけても、その子は押し黙ったまま。

自分でもなぜ苦しいのか、わからない様子だった。
とてもとても深い所で何かを我慢している感じがした。

「何か声をかけてあげて」

そう隣から言われたが、何も言うことが出来ない。
何も言えなかったんじゃなくて、どんな言葉もその子にとって本当に意味のある言葉ではないように思えたからだ。

「何かアドバイスをかけてあげて」

アドバイス??
その子に必要なのは、アドバイスなんかでは決してない。
ただ、ただ、強く抱きしめて受け入れてあげること。他に何が必要というんだ

その子の苦しみに同調してしまい、苦しくなって涙が出てきた・・

窓の外では、まだ昼過ぎなのに、涼しさというより肌寒さを感じだしていた。
季節が秋にかわった。
そんな日の午後


プシュープシュープシュープシュープシュー
先日、カウンセリングでインナーチャイルドと出会った瞬間である。
ご対面の後、何かが変わったということはなかった。
でも、今まで固く閉ざしていたボクの心の扉が少しだけ開いた瞬間であった。
| 症状や副作用・通院記録とか | 02:21 | comments(3) | trackbacks(0)
カウンセラーに、自分をあらわす宿題を提出した。

前日にビール瓶を割ってそれを持ってった。

カウンセラーはそれを見て涙した。

良いカウンセラーにあたってよかったなと思った。

※ビール瓶写真に取ろうと思ってたら、カウンセラーがもらっていってしまったので写メールありまへん。
| 症状や副作用・通院記録とか | 00:22 | comments(4) | trackbacks(0)
おはようございます。
サッカー見てたら寝れなくなったこーじです。

さて突然の質問ですが、
皆さんプラスのパワーは足りてますか?

認知療法を始めてからわかってきたことは、プラスを取り入れていかなければいけないということ。
特に私達うつ病の人はね。

マイナスはマイナスのままだと永遠にマイナスのままである。

すべての存在が、すべての存在から影響を受けるのである。
マイナスの力はマイナスを呼ぶ。
不安な人、怒った人、悲しんでる人と一緒にいるとその気持ちがうつってしまう。
マイナスな心にマイナスな気持ち・考えを持ち込むと心はさらにマイナスになる。

マイナスに打ち勝つプラスの力が必要である。
だから、プラスを増やしていこうと思う。

プラスの力にあふれているものともっとふれあおう♪
暗い本・暗い映画・暗い話題もいいけど、これからは明るい本・明るい映画・明るい話題も取り入れていくことにしよう。

だって最近、希望・夢が無いことにとことん絶望を感じて落ちまくっていましたから。
ここ最近Dark Waveにやられっぱなしでした。

たまには明るい波に乗りたい!!
カモン プラスパワー!!!!!!!!!!

ドラゴンボールで例えると
オラに元気を分けてくれ!!!
って感じですか
なつかしーなー
| 症状や副作用・通院記録とか | 04:24 | comments(14) | trackbacks(0)
先日久しぶりに体重と体脂肪をはかった。

ここ最近、腹が異常に出っ張ってきたから太ったなーとは思ってたけど・・

ずばり半年で8Kg太ってた。
そしてなんと体脂肪が25%。
今までヤセだったのがデブと表示されてしまった!!
Oh! Noooooooooooooooooooooショック

わたしを知ってる人はご存知の通り、わたしは上着にはぴたぴたの服を着ることが多い。
ところがどっこい、腹が腹が出てしまったのだ!
ぽっこり中年太りでございます豚
中年というより、腹だけが出てきてしまって餓鬼のようである。

坑うつ剤はみんな太ると言っているが、とうとうわたしにもその余波が来てしまった・・

ってか、最近薬の影響で体がボロボロになってきてしまったよ。
出なかった副作用も出だしてくるし、胃がおかしくなって飯食うだけで気持ち悪くなるし、皮膚がおかしくなってきてるし、とうとう体にガタが出てきちゃったパクッ

おお、ちょっとやばいぞー
| 症状や副作用・通院記録とか | 14:44 | comments(6) | trackbacks(0)
昔の話である

どれくらい泣いただろう
とにかく毎晩朝まで泣いていた。
日中も涙がとまらなかった。
泣きながら仕事をしていた(その時は会社に一人が多かったし)
泣かない日はなかった。365日24時間泣いている日が何年も続いた

そしてある日涙がきれたのである。
ある日を境にぱったり出なくなったのである
嘘ではなくホントの話
それ以来涙が出なくなったのである。
涙が枯れるほど泣くというが、それは決して例えではなく現実だったのである

泣こうにも泣こうにも涙は出ない
そしてそれ以上に苦しくなっていったのである
涙が出なくなるまで泣くのはやめたほうがいい。オススメしない。
涙は心の潤滑油でもあったのだ。
枯れた大地に花が咲くことはない

現在は完全復活はしてないが、涙は出るようになった
ほんの少しでも涙が出るだけありがたい
まあ苦しい時以外は涙出ないが

心を失ったから泣けなくなり物事に感動しなくなったが、また感動の涙を流したいものだ
| 症状や副作用・通院記録とか | 20:08 | comments(4) | trackbacks(0)
医者の意見に不満がある。

何かというと、うつ病を病気と認めていないのだ。
すべて気持ちの問題だという。
すべて簡単に治る症状だという。

とんでもない話だ。
こんなに苦労してるのを病気と言わずしてなんという。

別にいろいろ言ってることが間違ってるとは思わない。
確かにそうだと思うことが多い。
正論を言っていることもわかる。
それに前の医者はここまで心のことに対して深く対応はできなかったし。

しかし、しかしである。
病気でないならいったいなんなのだ?
気分の問題で病気ではない。ただ気持ちを変えればいいだけだという。

人はそんなに簡単だろうか?

そう問いかけるといつも答えはこうだ。
『簡単です』

人の心を簡単に考えすぎではないか?
認知療法の弊害か?

そのような医者は一度自分がうつ病になってしまえばいいのだ。ここまで苦しくなってみろ!
はたしてそれでも同じことが言えるかどーか、そんなに簡単に気持ちをきりかえて治るものかどうか試してみるがよい ̄へ ̄)ノ
| 症状や副作用・通院記録とか | 21:32 | comments(17) | trackbacks(0)
認知療法は大変である。
やってみて思う。

考えを変えないといけないからだ。
認知療法とは事柄に対する考え・とらえ方を変える行為。
今までAと受けとめていたのをBと受けとめるようにするのだ。
嫌いと考えていたのを好きと考えるようにする。まあ好きといかないまでもOKと思えるようにするのである。
だから毎回こう考えればいいでしょと指摘される。
そんな簡単に考え方は変わらないよ!

特に仕事に対しての考え方を変えろという。
わたしはうつ病だからということもあるが常々仕事が嫌いだ。ナマケモノだから。
嫌々やっている。

そこに注意報!
仕事辛いかもしれない。でも辛いと思ってやっていても辛いまんまだ。
仕方なく仕事してるにしても、自分で選択したことにかわりはないのだからもっと仕事を認めないといけないそうだ。
やりたくてやっているんじゃないという認知からやりたくてやっているんだという認知に変えないといけないそうだ。
ええ、頭では理解できます。
でもそれが簡単にできたら苦労しないのです。

とっ、仕事にはじまってさまざまなことにたいして認知を変えろと言われている。

結構疲れる。
たまには励ましてほしいものだ。

それを思うと薬療法はなんと楽なんだろう。
薬飲むだけでいいんだから。

どちらがいいのかはわからない。
おそらく両方のイイトコ取りがいいんだろうな

追伸:医者のうつ病に対しての考え方に不満がある。それについてはまた今度書きます
| 症状や副作用・通院記録とか | 11:28 | comments(5) | trackbacks(0)
強迫性障害、それは不安になって同じことを何回も繰り返してしまう行為。
自分でおかしいとわかっていてもどーしよーもなく繰り返してしまう。

以前記事に書いた。
のんちゃんがそこに尋ねてくれた。
最近は強迫性障害ってどう?と聞かれたので、最近の強迫性障害について書こうと思った。

症状はといえば、あいかわらずといえばあいかわらずである。
鍵・ガス栓・水道・その他いつも変わらず閉めたかどうか確認している。

この間、彼女に蛇口ががっちり閉まっていることをつっこまれた。
こんなにがっちり閉めないでよー!と
しょーがないじゃん!!不安なんだから。。

しかし、わずかながら治ったのは確かだ。
だって一度そこから離れても1回しか戻らなくなったのだから。

例えば以前は家の鍵を閉めて、しばらく歩いて不安になって戻って施錠したか確認して、また歩き出してまた不安になって確認しに家に戻る。
ついでにガス栓やら水道やら全部確認してしまう。
をさらにも一回繰り返しって感じだったから!
少なくとも最低2回は確認しに戻ってたのだ。

のんちゃん。だから強迫性障害はよくはなると思う。
希望もってなんて無責任なことは言わないけど、治るってことを覚えておくのはいいことだと思う。

のんちゃんは病院通いと買物に症状が出ていると。
買い物には、出費額ノートをつけて先生に診てもらってるそうだ。
スゴイ!!ノートなんて絶対わたしはつけられないよ!
このブログだって週1回が限度なのに。
尊敬します。

のんちゃん、精神病はすぐには治んないので気長にね。
(早く治ってほしいといつもすぐ思ってしまうけど・・(笑))

以上、最近の強迫性障害でした。

はぁ〜、っていうか土日とかなり落ちてた。
もぉ苦しくてたまんなかったよ。
特に今回は胸が苦しくてたまらなかった。
こーゆー時頓服が効かないのって非常に辛いんだよねー

追伸)うつ病の人で強迫性障害の人が意外に少ないってのはあくまでわたしの私見である。
だってあんまり会ったことないから
あと意外なのはアモキサン人口が多いってこと
パキシル高いのはみんな言ってたなー
| 症状や副作用・通院記録とか | 00:13 | comments(13) | trackbacks(1)
うつ病は『心の風邪』
よくそういった例えを見る。

でも、わたしはそうは思わない。
風邪なんかであれば、とっくに治っていいはずである。

風邪とはこんな風に何年も引いてしまうものだろうか?
風邪でここまで苦しまないといけないだろうか?
風邪が死を招くだろうか?

風邪なんてなまっちょろいものではない。

思うに日本はうつ病にたいしてあまくみすぎではないだろうか?
風邪なんて例えをする時点であまっちょろいのだ。

心の癌だと言ってもいいぐらいだ。
なにせ転移するしね。

わたしは自分が苦しくなった時、いったい何が自分に何が起こっているのかまったく意味がわからなかった。
うつ病やパニック障害なんて言葉知らなかったし、うつ病はやる気がまったくなくなる病気。それぐらいにしか思ってなかった。

情報が少なすぎるのだ。
本を読んでもネットで探しても誰も本当のうつ病なんて教えてくれない。
病院に置いてある冊子などでさえそうだ。
ほんっと、こーゆーブログしか真実は語っていないのでないかと思う。

苦しんでてまだ病院に行ってない人。
一刻も早く病院に行って治して欲しい。

一人で苦しんでる人。
どうか誰かが側に存在してくれることを願う。

少しでも多くの人が実態を知って、回復すればと思う。
人はこんなに苦しんではいけないのだ。
| 症状や副作用・通院記録とか | 22:57 | comments(10) | trackbacks(2)
最近医者を変えて思った。
医者によって診療がほんとに違うのだ。

新しい医者はなかなか話せるやつだ。
わたしがあまり薬をOD(薬物過剰摂取)しないことを話すと、もっと薬で遊べばいいのにと言ってきた。
おもしろい

以前の医者は薬で治していくという考え方。
今の医者は薬は完璧ではないという考え方。
それぞれの医者にいいところ悪いところがあるのだろう。
よーは相性だ。

恋人と一緒だなー
| 症状や副作用・通院記録とか | 00:10 | comments(12) | trackbacks(0)
PROFILE
RECOMMEND
私は「うつ依存症」の女?プロザック・コンプレックス
私は「うつ依存症」の女?プロザック・コンプレックス (JUGEMレビュー »)
エリザベス・ワーツェル, 滝沢 千陽
うつ病者の気持ちを代弁してくれている本。非常に赤裸々に書かれていて、内容もそーそーと言いたくなるから絶対読んだら面白いよ。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM